MENU

歴史

大正15年の創業から数えて90年余り。 味と心を伝承しながら、時代に流されることなく、 真に良いと信じる商品だけを世に出してきました。 これからも、のり佃煮の老舗として、伝統を守りつつ、 皆さまに喜んでいただけるひと瓶をお届けしていきます。
大正15年 初代社長山本四郎により創業
昭和5年 海苔の佃煮「磯じまん」を発売
昭和18年 法人設立
昭和31年 東京営業所を開設
昭和34年 東京営業所を東京支店に変更
昭和39年 「特選磯じまん」を発売
昭和44年 農林省のJAS認定工場となる 「椎茸うま煮」を発売
昭和47年 「山海ぶし」を発売
昭和52年 本社ビル完成
昭和53年 「よせ鍋つゆ」を発売
昭和55年 「花しいたけ」を発売
昭和58年 「生のり」を発売 「日本全国うまいものめぐり」を発売
昭和63年 広島営業所を開設
平成5年 福岡営業所を開設
平成8年 「味の彩シリーズ」を発売
平成10年 「金色めんつゆ」及び「金色だしつゆ」を発売
平成11年 「金色めんつゆ」の商標登録なる 「ちりめんちゃん」を発売
平成12年 「のりのり」及び ギフト「SK・SNシリーズ」を発売
平成14年 「さけちりめんちゃん」を発売
平成17年 「梅じまん」「かにのり」及び「茎わかめ」を発売
平成18年 「磯じまん350g」を発売
「山海ぶし350g」を発売
平成20年 「桜花炊ちりめん」及び「刻み昆布」を発売
平成22年 「国産梅肉」を発売
平成25年 「味しょうが」を発売
平成26年 「FAシリーズ」を発売
平成27年 「みんなののり佃煮」を発売
「大阪産 特選カップのり」を発売
平成28年 「ちょい辛みそ」を発売
「はちみつしょうが」三姉妹を発売
平成29年 「いそマルシェ」を発売 「ねぎみそ」を発売
平成30年 「黒毛和牛のそぼろ煮」を発売 「のりのり15g×4」を発売

close